絶対つくらない宣言! 妊娠線予防クリームNavi

先輩ママが検証!頼りになる妊娠線予防クリームとは?

妊娠線予防クリームおすすめランキング » 妊娠線ケアのとっても大事なQ&A » 妊娠中に避けたほうがいい成分ってあるの?

妊娠中に避けたほうがいい成分ってあるの?

妊娠線予防クリームの注意したい成分や、オーガニック製品と無添加製品の違いについて解説しています。

妊娠中に避けたほうがいい成分って?

妊娠中は胎盤を介して赤ちゃんへと栄養が送られます。そのため、食べ物や飲み物、薬など、口にするものに気を配っている妊婦さんもたくさんいらっしゃるでしょう。

では、スキンケア製品についてはどうでしょう。妊娠線予防クリームなどに配合されている成分が、直接、お腹の赤ちゃんに対して影響を及ぼすことはほとんどないと考えられますが、中には、避けたほうがいい成分もあります。

妊娠中は控えたほうがよい成分

例えば…アキュテイン、トレチノイン、トルエン、ハイドロキノン、パラベン、サリチル酸などは、経皮吸収による影響は低いと考えられていますが、胎児の発育に影響を及ぼす可能性がまるでないわけではありません。

また、お腹の赤ちゃんだけでなく、敏感になっている妊婦さん自身のお肌のためにも、アレルギーなどの皮膚トラブルを起こす恐れのある旧表示指定成分などは避けたほうがいいでしょう。

アロマオイル(精油)にも注意しましょう

イライラしたり不安になったり、妊娠中はナーバスになることも多いかと思います。そんな気持ちをリラックスさせるために、アロマを使用したいという人もいるかと思いますが、妊娠中は使用を控えたほうがいいとされている精油がいくつかあります。

ペパーミント、ラベンダー、ローズマリー、ローズ、カモミール、クラリセージ、イランイランなど、ポピュラーなものも多く含まれているので、どうしても使いたいという場合には、知識・経験が豊富なセラピストに相談してみましょう。

妊娠線予防にはオーガニックの製品がいいの?

体に優しい、安全なものを取り入れたいという思いから、「オーガニック」や「無添加」のものを選ぶ人も多いのではないでしょうか?

「オーガニック製品=無添加製品」と思われがちですが、これば間違いです。それぞれの定義を整理してみましょう。

  • オーガニック製品…無農薬無化学肥料で育てられた植物を原料にした製品
  • 無添加製品…旧表示指定成分が一切配合されていない製品

オーガニックだからと無条件に選ぶのは危険

オーガニックの天然成分を使用した製品であっても、刺激があったり、アレルギーを引き起こす物質を含んでいるものもあります。

逆に、合成成分であっても、厳選されたものを配合しているのであれば、安心して使うことができますし、効果も期待できます

オーガニックだから無条件にいい、合成成分だからダメということではなく、使用されている成分をしっかりチェックして、体に合ったもの、しっかり効果が得られるものを選ぶようにしましょう。

保湿力・効果・使い心地・コスパで妊娠線クリームを比較しました

 
絶対つくらない宣言! 妊娠線予防クリームNavi